どちらを選ぶかは好みで

ここまでフィルムカメラとデジタルカメラの違いを述べてきましたが、いかがでしょうか?両方使い分けるのがベストですが、どちらかにしなければならない場合は好みで決めて下さい。

フィルムを選択する人はアートとして、またはアート寄りの写真家であることが多いです。写真の一回性による体験の振れ幅。カメラやフィルムの組み合わせとプリントのプロセスにより、様々な描写・発色を楽しむこと。ある意味において趣味的な要素が強いかも知れません。フィルム代はかかりますがデジタルのように買い換えることはないので、よりカメラに愛情を持って接することができます。クラシックなタイプをぶら下げて街を歩けば、ファッション的にもグッドです。

デジタルを選ぶ人は撮影テーマにこだわりのある人が多いでしょう。フィルムだと写真が中心になりがちですが、ワイルドライフ、鉄道、スポーツなどは被写体の重要性が勝ることも少なくありません。デジタルカメラは後発であるが故に、フィルムカメラに比べて全般的に多機能であり、特殊なテーマの技術的な部分もカバーしてくれます。また、一般的な意味での商業カメラマンになりたい場合は、間違いなくデジタルカメラを選んで下さい。

デジタルカメラ

デジタルカメラは便利・確実・自由といったところが魅力であり、やはりパソコンでの編集作業が結果に大きく関わります。もちろん、フィルム同様写っているもの自体は変わらず、撮影時に技術的な部分も気をつけなければならないのですが、フィルムより容易でさらに後から変更出来る幅が広いのです。

また画像が見られる状態になるまでがとても早く、特に一刻一秒を争う報道の現場で重宝されています。メーカーによっては報道向けのモデルをフラッグシップモデルとしており、過酷な状況下でも使用に耐える設計になっています。ただし解像度を含め、画質においては下位機種の方がいいこともあるので、用途に合わせて選びましょう。一眼入門機やコンパクトデジタルカメラでも上位機種よりも活躍する場合があります。

レタッチと呼ばれる編集作業ですが、今やパソコンでも携帯でもアプリがあればできるので、必ずしも高額なアプリを用意する必要はありません。まずはフリーのものではじめて、機能を拡張したくなったら購入を検討してみて下さい。なお、違法コピー品の使用は絶対に止めてください。公式にフリーで配布されているものがあります。最初は明るさ・色の補正からはじめて、徐々に使い方を覚えていって下さい。編集作業はとても奥が深く、やりようによっては半永久的に作業出来てしまいます。ですので、どこかで見切りをつけることがポイントです。例えば、合成が必要なら、あるいはやりたければやり、そうでなければ気にしなくて構いません。

フィルムカメラ

フィルムカメラの魅力は何と言ってもカメラ自体に個性のあることです。クラシック・カメラのコレクターも多く、ジャンク品のカメラでも買取に出すと思わぬ高値がつくような機種もあります。数多くのメーカーが様々な年式のモデルを出しており、追及すると奥の深さを感じるでしょう。レンズを始めアクセサリー類も多岐に渡ります。

コストのかかる撮影プロセスですが、それが故に得られるものは写真としてのデジタルとの違いを明確にします。ライティングや露出を間違えると後戻りが難しく、消耗品であるフィルム自体にお金がかかるため、撮影時に切迫感が加えられます。だからこそ、現像後の上がりを見た時の面白さはデジタルとは比べものになりません。上がりを待つ間はあれこれ考えてしまいます。これはフィルムカメラを使った撮影ならではの醍醐味で、近年もフィルムを使用するプロカメラマンがいます。ただし、その不確実性や取り回しの難しさからジャンルが絞られるので限定的なものであることは否めません。お金があるなら趣味には持ってこいです。

現像・プリント作業はものによっては個人でも可能で、モノクロであれば自宅を利用するのも難しくありません。暗室の中で引き伸ばしの後、現像液に付けた際、次第に像が浮かび上って来ます。モノクロ用の暗いライトしか付けられないため、その時点ではまだはっきりと見えないのですが、こちらもドキドキしてしまう瞬間です。停止・定着後、水洗する際には明るいところに出して見られるのですが、このタイミングも楽しみなものです。

カメラの種類

フィルムカメラとデジタルカメラ、共にカメラではありますが実はたくさんの違いがあります。

フィルムは消耗品であり撮影するたびに準備しなければなりません。また画像を見るためにプリントやスライド・プロジェクター/ビューワーなどが必要。手間やお金がかかりますが粒子が持つ立体感は格別です。

デジタルは記録メディアを使い回し、故障するまで何回でも撮影可能。カメラの液晶ですぐに確認し、パソコンで拡大表示も簡単です。またレタッチアプリで微調整から合成まで画像を変更する自由度が高く、利便性に優れています。

フィルムカメラには通常の135mmフィルムを使う35mm(便宜上1を省略)、6×45(cm)のセミ判、6×6(cm)からの中判、4×5(inch)以上の大判と様々な種類があります。また、機種の仕様や改造によりインスタントフィルムを装填出来、プロの現場ではプレビュー用としても重宝されていました。本番用のフィルムはポジフィルム、ネガフィルム(一般的なフィルム)があり、前者はスライドやフィルムでの印刷入稿用、後者はプリントするためと用途が分かれています。またコンパクトカメラも多数のモデルが存在し、中には35mm一眼レフと肩を並べる程に高画質なものもあります。

デジタルカメラはフィルム時代のフォーマットを引き継いでおり、35mm用のレンズは互換性があるものも少なくなりません。実はデジタル(撮像素子)とフィルムでは光学的に若干の違いがあるためレンズの設計も少しだけ異なるのですが、拡大してよく比べればわかる程度です。古いレンズの味がデジタルに持ち込めることもあり故意にフィルム時代のものを使用している人もいます。中判・大判向けにもデジタルバックが開発され、元来の描写力に適したサイズと解像度を持ったハイエンドモデルとして販売されていますが、非常に高価であることが難点です。コンパクトデジタルカメラも近年画質が向上しています。