デジタルカメラ

デジタルカメラは便利・確実・自由といったところが魅力であり、やはりパソコンでの編集作業が結果に大きく関わります。もちろん、フィルム同様写っているもの自体は変わらず、撮影時に技術的な部分も気をつけなければならないのですが、フィルムより容易でさらに後から変更出来る幅が広いのです。

また画像が見られる状態になるまでがとても早く、特に一刻一秒を争う報道の現場で重宝されています。メーカーによっては報道向けのモデルをフラッグシップモデルとしており、過酷な状況下でも使用に耐える設計になっています。ただし解像度を含め、画質においては下位機種の方がいいこともあるので、用途に合わせて選びましょう。一眼入門機やコンパクトデジタルカメラでも上位機種よりも活躍する場合があります。

レタッチと呼ばれる編集作業ですが、今やパソコンでも携帯でもアプリがあればできるので、必ずしも高額なアプリを用意する必要はありません。まずはフリーのものではじめて、機能を拡張したくなったら購入を検討してみて下さい。なお、違法コピー品の使用は絶対に止めてください。公式にフリーで配布されているものがあります。最初は明るさ・色の補正からはじめて、徐々に使い方を覚えていって下さい。編集作業はとても奥が深く、やりようによっては半永久的に作業出来てしまいます。ですので、どこかで見切りをつけることがポイントです。例えば、合成が必要なら、あるいはやりたければやり、そうでなければ気にしなくて構いません。