フィルムカメラ

フィルムカメラの魅力は何と言ってもカメラ自体に個性のあることです。クラシック・カメラのコレクターも多く、ジャンク品のカメラでも買取に出すと思わぬ高値がつくような機種もあります。(参考:売却にあたっては:キャノンのカメラ買取処分について)数多くのメーカーが様々な年式のモデルを出しており、追及すると奥の深さを感じるでしょう。レンズを始めアクセサリー類も多岐に渡ります。

コストのかかる撮影プロセスですが、それが故に得られるものは写真としてのデジタルとの違いを明確にします。ライティングや露出を間違えると後戻りが難しく、消耗品であるフィルム自体にお金がかかるため、撮影時に切迫感が加えられます。だからこそ、現像後の上がりを見た時の面白さはデジタルとは比べものになりません。上がりを待つ間はあれこれ考えてしまいます。これはフィルムカメラを使った撮影ならではの醍醐味で、近年もフィルムを使用するプロカメラマンがいます。ただし、その不確実性や取り回しの難しさからジャンルが絞られるので限定的なものであることは否めません。お金があるなら趣味には持ってこいです。

現像・プリント作業はものによっては個人でも可能で、モノクロであれば自宅を利用するのも難しくありません。暗室の中で引き伸ばしの後、現像液に付けた際、次第に像が浮かび上って来ます。モノクロ用の暗いライトしか付けられないため、その時点ではまだはっきりと見えないのですが、こちらもドキドキしてしまう瞬間です。停止・定着後、水洗する際には明るいところに出して見られるのですが、このタイミングも楽しみなものです。